メインコンテンツをスキップする

セイス

セイス
栄養成分表
ビタミン(μg/100g)
ビタミンA:2μg
ビタミンD:0.7μg
ビタミンB12:4μg

ビタミン(mg/100g)
ビタミンE:0.6mg
チアニン:0.05mg
リボフラビン:0.20mg
ナイアシン:3.4mg
パテトテン酸:0.4mg
ピリドキシン:0.5mg

アミノ酸:g/100g
アスパラギン酸:1.7g
トレオニン:0.8g
セリン:0.7g
グルタミン酸:2.6g
プロリン:0.6g
グリシン: 0.8g
アラニン:1.1g
バリン:0.8g
メチオニン:0.5g
イソロイシン:0.8g
ロイシン:1.4g
チロシン: 0.6g
フェニルアラニン:0.9g
リジン:1.5g
ヒスチジン:0.4g
アルギニン:1.1g
トリプトファン:0.2g

ミネラルおよび微量元素(mg/100g)
ナトリウム:77mg
カリウム:396mg
カルシウム:7.5mg
鉄:0.1mg
セレン:0.03mg
亜鉛:0.3mg
マンガン: 0.01mg
マグネシウム:22mg
リン:230mg
銅:0.04mg
コレステロール:49mg

脂肪酸(%)
14:0:2.5%
16:0:17.1%
16:1*:3.7%
18:0:3.8%
18:1*:15.3%
18:2 omega 6:1.8%
18:3 omega 3:1.1%
18:4 omega 3:0.8%
20:1*:4.6%
20:4 omega 3:0.6%
20:4 omega 6:1.9%
20:5 omega 3:10.7%
22:1*:3.1%
22:5 omega 3:1.4%
22:6 omega 3:29.0%
飽和脂肪酸 計:24.0%
不飽和脂肪酸 計:27.2%
omega 3 計:43.6%
omega 6 計:3.6%
g omega 3/100g:0.1%

季節
年間を通して供給可能。

体長
最大120センチ

生態
セイスは水深0~300メートルの海全域に生息しています。群れをなし、えさが十分にあれば、その群れは巨大なものとなることもあります。産卵場所はロフォーテン諸島から南にかけての沿岸と北海です。稚魚の群れは沿岸海流によって北へ流され、春になると南西部・南部沿岸に姿を現し、8月になるとフィンマルク州沿岸に現れます。セイスは稚魚から成長し、産卵するまでの期間、広範囲で移動します。

漁獲
セイスは重要な商業水産資源で、漁獲は沿岸海域および最北端からノールカップ西部で行われています。フィヨルド内とフィンマルク州北部沿岸では、セイスは船曳網により漁獲されています。さらに、北海、フィンマルク西部沿岸、トロムソ、ヴェステルオーレン沖でもセイスはよく獲れます。

漁法
底曳トロール、船曳網、巾着網、網、手釣り

用途
生鮮、乾燥、塩蔵。副産物は肝臓と肝油

栄養価
主として優れたタンパク質源ですが、ビタミンB12とセレンも多く、カリウムとナトリウムも良い割合で含んでいます。