ノルウェー塩さばについて

ノルウェー塩さばについて

ノルウェー塩さばはジューシー&カンタン。
フライパンひとつで、いろいろなメニューを楽しめます。

mackerel_copy_large

ピークシーズンに漁獲されるから、脂がたっぷり。EPA・DHAも豊富です。
塩加工してあるので面倒な下ごしらえは不要。フライパンで焼いて野菜やソースと合わせるだけで、メインの1 品ができあがります。
バラエティ豊かなメニューをぜひお試しください。

栄養と健康-EPA&DHAが豊富なノルウェーさば-

  • 外観 身が大ぶりで、背中の縞模様がくっきりしています。
  • 栄養価 青魚のなかでも高い栄養価を誇り、最大30パーセントにも達する脂肪含有量で、ヘルシーな栄養価がたっぷりです。
  • 調理 トマト味、カレー味にもよくあい、お子様にも喜ばれます。

ノルウェー塩さばは、主に厳しい冬に備えてたっぷりと養分を蓄える時期に漁獲されるので、大ぶりの身にEPAとDHAを多く含んでいます。EPAとDHAは、健康のために1日に1グラムずつは摂りたいといわれていますが、ノルウェーさばひと切れ(約100グラム)で、EPA2グラム、DHA4グラムを摂ることができます。
さらに緑黄色野菜と組み合わせれば、生活習慣病の予防にも最適です。

たとえば、赤や黄色のピーマンには、レモン1.5個分のビタミンCの他、ビタミンAが豊富に含まれていますので、不飽和脂肪酸たっぷりのノルウェーサバと一緒に料理すれば、赤ピーマンに多いβ‐カロテンの利用効率もあがります。

また、発ガンを防ぐ働きがあるといわれるカロチノイドの一種、リコピンを含んだトマトと組み合わせたメニューもおすすめです。
ナスやピーマンと合わせてタイ風にアレンジしたさばカレーは、栄養バランスが良く、子どもも喜ぶ簡単メニューであるうえ、サバとご飯の組み合わせは、ご飯に不足している必須アミノ酸のリジンをサバが補って、タンパク質の利用効果をぐっと上げてくれるため、栄養的にとてもよい組み合わせです。
加熱してもパサつかず、みそ煮や塩焼きなど定番の和食はもちろん、トマトやカレー味、エスニックや中華風など、どんな味つけにもよくあうので、子どもからお年寄りまで家族みんなで楽しめる素材としておすすめです。